趣意書

都立小山台高等学校同窓生の皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素から母校及び菊桜会発展の為、格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、我らが母校都立小山台高等学校は、1923 年(大正12 年)府立第八中学校として創立、その後、昭和18 年に都立第八中学校、昭和23 年都立第八新制高等学校と改称、昭和25 年より現在の都立小山台高等学校と称するようになりました。草創期の大正時代から、昭和、平成の各時代にわたり幾多の変革を重ねながら発展を遂げ、城南地区の名門校として多くの人材を輩出してきました。この間の卒業生は3 万人を超え、全国各地で広く各界にわたり目覚ましい活躍をされていることは誠にご同慶にたえません。
現在、小山台高等学校の後輩たちは、「敬愛、自主、力行」の校訓、文武両道の精神のもと、日々充実した学校生活を過ごしています。また、教職員、保護者、菊桜会並びに小山台教育財団は一丸となって活力ある学校作りに邁進しております。こうした中、2023 年には創立100 周年を迎えます。

この記念すべき節目の年に向けて、諸先輩が培った輝かしい歴史と伝統を次世代に継承し、今後の更なる発展を願って創立100周年の各種記念事業、記念行事を計画しています。母校の100年の歩みを網羅する記念誌の発行、100周年に華を添える記念講演会、皆で喜びを分かち合う記念祝賀会、その他映像資料の制作、100年間の現存記録の電子化、モニュメント寄贈、記念演奏会等々、計画段階ではありますが様々な事業を検討しております。いずれも次の100年に向けて逞しく飛翔する母校への素晴らしい贈物になるものと確信しております。

それら諸々の事業達成の為に「募金総額 1 億円」という目標を掲げて、100 周年のための募金活動をスタートいたしました。
つきましては、昨今の厳しい経済情勢の折、誠に恐縮に存じますが、菊桜会会員の皆様には是非とも大いなる母校愛を発揮されまして、100 周年事業の成功に深いご理解とご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

菊桜会 小山台高校100周年準備委員会